ネットのかま騒ぎ

日々のニュースを独自の視点で発信!

ニュース

【悲報】許可を取らずにONO消しゴム販売、結果販売中止どころではない事態に

投稿日:

 

 

兵庫県小野市の小野市観光協会が、MONO消しゴムのパロディ商品であるONO消しゴムを販売し、それが無許可での販売だったことが判明していたことが明らかに明らかになりました。

 

結果販売中止になっており、製造業者はどこだったのかなど大きく話題になっているようです。

 

ONO消しゴムの販売中止について

 

ONO消しゴムの販売中止についてはこのように報じられています。

 

大手文具メーカー、トンボ鉛筆(東京)が製造する「MONO消しゴム」のパロディー版「ONO消しゴム」を、兵庫県小野市観光協会が同社の許可を得ずに作り、イベントでの販売を止められていたことが、3日までに分かった。MONO消しゴムの青白黒のストライプ柄は2017年、色彩の登録商標として日本で初めて認められている。(笠原次郎)


 京都府の寺院仏像などをあしらった消しゴムが人気を得ていたことから、同協会は同様のアイテム作りを検討。「MONO」から1文字を取り「ONO」(小野)とすることを思い付いた。製造を依頼した大阪府内の業者は「『MONO』の字体やケースの色を変えれば問題ない。トンボ鉛筆本社にも確認を取った」などと説明。10月に小野市章や観光名所の写真などを印刷した消しゴム2種類千個が納品された。

 神戸新聞社がトンボ鉛筆本社に確認したところ、業者からの許可申請がなかったことが判明。小野市はイベントでの消しゴム販売を中止し、業者は全商品代約13万円を同協会に返金した。

 同協会は市の補助金などで運営されており、市観光交流推進課職員3人が兼務。同協会事務局長を務める田中一樹課長(53)は「業者の説明を信用し、トンボ鉛筆から直接許可を得なかったのは詰めが甘かった」と話している。

 

許可を得ずに販売するのはマズいですよね。

 

しっかり許可を取っていればヒット商品になっていたかもしれないのに残念です。

 

一応製造業者は

 

「『MONO』の字体やケースの色を変えれば問題ない。トンボ鉛筆本社にも確認を取った」

 

と言っていたみたいですが、結局虚偽の説明だったようです。

 

ネットの反応

 

 

-ニュース

執筆者:

関連記事

【悲報】早実、性動画拡散で出場辞退。動画の内容がガチでヤバすぎる…

    9月14日、高校野球で早稲田実業が出場辞退したことが発表されましたが、さらに同月18日に衝撃のニュースが入ってきました。   高校のホームページには「ご報告とお詫び」とした文章が掲載され、複数 …

【日本終了】地球史上最大級台風19号のヤバさがわかる動画がこちら

    毎年日本に大きな被害をもたらしている台風。 2019年10月10日に日本に近づいている台風19号が世界中で話題になっています。   この台風19号は地球史上最大級の台風と言われており、ハリケー …

【驚愕】佐藤智広君の現在は判明していた、ガチ笑えない状況の模様

    2012年に北海道旭川市で謎の失踪を遂げてしまった、当時13歳の佐藤智広君。   佐藤智広君は現在でも発見されておらず、その現在や安否の確認は取れていないそうです。   年齢でいえば現在は20 …

【非報】断韓で週刊ポスト大炎上!韓国なんていらない?韓国差別に批判殺到!

      今日は週刊ポストのとある特集に批判が集まっています。   その特集には、   「韓国なんていらない」 「断韓」   という言葉が並んでおり、作家の深沢潮さんが「差別扇動である」との理由で同 …

【驚愕】50代で出会い系!?新立文子のストーカー方法が怖すぎる!大津園児事故の犯人、ガチでクズだった

    今年5月に滋賀県大津市で交通事故で園児2人死亡をさせたとして起訴され、現在公判中の新立文子氏がストーカー容疑で逮捕されていたことがわかりました。   ストーカーしていた男性とは出会い系サイトで …

 

世間の気になる出来事を調べて発信!

 

読んでいっておくれやす~!