ネットのかま騒ぎ

日々のニュースを独自の視点で発信!

ニュース

【悲報】許可を取らずにONO消しゴム販売、結果販売中止どころではない事態に

投稿日:

 

 

兵庫県小野市の小野市観光協会が、MONO消しゴムのパロディ商品であるONO消しゴムを販売し、それが無許可での販売だったことが判明していたことが明らかに明らかになりました。

 

結果販売中止になっており、製造業者はどこだったのかなど大きく話題になっているようです。

 

ONO消しゴムの販売中止について

 

ONO消しゴムの販売中止についてはこのように報じられています。

 

大手文具メーカー、トンボ鉛筆(東京)が製造する「MONO消しゴム」のパロディー版「ONO消しゴム」を、兵庫県小野市観光協会が同社の許可を得ずに作り、イベントでの販売を止められていたことが、3日までに分かった。MONO消しゴムの青白黒のストライプ柄は2017年、色彩の登録商標として日本で初めて認められている。(笠原次郎)


 京都府の寺院仏像などをあしらった消しゴムが人気を得ていたことから、同協会は同様のアイテム作りを検討。「MONO」から1文字を取り「ONO」(小野)とすることを思い付いた。製造を依頼した大阪府内の業者は「『MONO』の字体やケースの色を変えれば問題ない。トンボ鉛筆本社にも確認を取った」などと説明。10月に小野市章や観光名所の写真などを印刷した消しゴム2種類千個が納品された。

 神戸新聞社がトンボ鉛筆本社に確認したところ、業者からの許可申請がなかったことが判明。小野市はイベントでの消しゴム販売を中止し、業者は全商品代約13万円を同協会に返金した。

 同協会は市の補助金などで運営されており、市観光交流推進課職員3人が兼務。同協会事務局長を務める田中一樹課長(53)は「業者の説明を信用し、トンボ鉛筆から直接許可を得なかったのは詰めが甘かった」と話している。

 

許可を得ずに販売するのはマズいですよね。

 

しっかり許可を取っていればヒット商品になっていたかもしれないのに残念です。

 

一応製造業者は

 

「『MONO』の字体やケースの色を変えれば問題ない。トンボ鉛筆本社にも確認を取った」

 

と言っていたみたいですが、結局虚偽の説明だったようです。

 

ネットの反応

 

 

-ニュース

執筆者:

関連記事

【速報】岐阜県世界遺産白川郷で大規模火災発生、被害状況まとめ

    10月4日の14時40分頃、岐阜県にある世界遺産白川郷で火災が発生しました。   つい先日沖縄県の首里城で火災が起きて大きな被害が出ていたこともあり、白川郷での火災も大きく話題になっています。 …

【驚愕】佐藤智広君の現在は判明していた、ガチ笑えない状況の模様

    2012年に北海道旭川市で謎の失踪を遂げてしまった、当時13歳の佐藤智広君。   佐藤智広君は現在でも発見されておらず、その現在や安否の確認は取れていないそうです。   年齢でいえば現在は20 …

【驚愕】不起訴処分の理由判明、精神疾患だった。フロントガラス叩き割り男の病気とは?

    11月7日、愛知県豊田市で女性が運転する車のフロントガラスを叩き割り逮捕されていた28歳無職の木崎喬滋容疑者の不起訴処分が決定しました。   明らかな器物損壊にも関わらず不起訴処分となったこと …

【画像あり】現場の写真がガチでヤバい。ラップバトルの罰ゲームで川に飛び込み高校生が死亡

    12月19日の夜、神奈川県の川崎市で高校一年生の男子生徒が川に飛び込み、遺体となって発見されました。   当時は学生5人でラップバトルをしており、その敗者への罰ゲームとして川へ飛び込んだようで …

【悲報】全国民の個人情報流出でガチでヤバい状態に…、エクアドルでサイバーテロ?原因や理由は?

    9月17日、エクアドルで衝撃の事件があったことがわかりました。 なんと国民ほぼ全員の個人情報が流出したそうです。   生年月日やメールアドレス、身分証明書番号などが流出し、その被害は2000万 …

 

世間の気になる出来事を調べて発信!

 

読んでいっておくれやす~!